銭湯マップ ~すべてニューハウス社員が実地調査済みです!~

株式会社ニューハウス
電話番号

美しい鯉と薪で焚いたお風呂に癒される。 ※46度!熱めのお湯にご注意※

この外観

時代錯誤 ではありません。

神楽坂3丁目のおしゃれな飲食街に突如現れる銭湯

熱海湯の外観でございます。

 

近くのお店で食事した後、ふらっと立ち寄れば

「なんか粋な自分」に出会える予感。

外観
脱衣所

床がつるつるで清潔感がある脱衣所

残念ながら写真はございませんが、トイレのヴィンテージ感もはんぱないです。

例えるならば、どこかの古いお寺にやってきた感じ。

 

ぜひ体感していただきたい…

 

鯉の絵

神楽坂の銭湯で一番きれいだと思う「鯉」はこちら!!

女湯は赤メイン・男湯は黒メインになっているそう。

←←←←               →→→→

黒い鯉の絵
kannbann

重要なことをお伝いたします。

  熱海湯はタオル無料

                  そしてお湯が熱い

 

今の銭湯ではかなり珍しい

創業当時から今に到るまで

100%薪で焚いているお湯に浸かってみませんか?

 

 

住所はコチラ↓

熱海湯
 住所:東京都新宿区神楽坂3-6
 電話:03-3260-1053
 営業時間:15時~24時30分
 定休日:土曜
 入浴料金:大人:460円

 

個人的に

ここに入れば神楽坂通を自称できちゃう!気がします!

 

 

 

 

 

日替わりの薬湯に癒される!『竹の湯』の魅力、語ります。

竹の湯フロント

まずフロントです。

ここでのちょっとした番頭さんとの会話も銭湯に入る楽しさの一部。

竹の湯はお風呂場にシャンプー・ボディーソープ完備ですから

ここでタオルを1枚借りれば手ぶらでOKなのです。

 

 タオル小・ちなみ竹の湯さんは30円。

(銭湯によって値段が違いますのでご注意を。)

 

 

おそらくこの日は

よもぎ湯

だったに違いない…

 

温度がまたちょうどいいんです。

ジャグジーの勢いに飛ばされそうになりながらも

「あぁ、今血行がよくなっている…」と感じ癒されます。

 

★銭湯マメ知識★

お湯が熱ければ水を足せば良い!

だいたいどこも湯船に水の蛇口がついています。

 

でも、熱いお湯に入りたい人もいますから、あまり足しすぎると

「お客さん(常連さん)から注意を受けます」

また熱いお湯の銭湯だと、いざ湯船へ!という時に

「ここのお湯熱いよ」と銭湯の玄人が新人に助言をしてくれます。

 

それもまた銭湯の楽しみ…

 

竹の湯

あと、サウナ無料!

大事なことだがら2回言います

サウナ無料!!

 

そんな竹の湯に是非行ってみてくださいね。

ちなみにこの建物、上の階は賃貸マンションになっていますので、銭湯好きの夢「銭湯に住む」ことができる…

 

〒162-0802
住所:新宿区改代町2

TEL:03-3268-8544

休日:土曜

営業時間:15:00~23:30←時間になるとお湯が止まり、電気が消されてしまう…そして番台から人が消える…

(ラスト入浴を頻繁にしていたのはこのわたしです。)

 

☆最後に☆

お風呂上がりのコーヒー牛乳は最高。