おすすめ雑貨情報 | 神楽坂 飯田橋 文京区 早稲田 市ヶ谷 江戸川橋周辺の不動産をお探しなら神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞにお任せ下さい。

神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞ

セレクトショップ☆la kagu

la kagu


こんにちは!

新居を見つけお引越ししたら

お洒落で快適なライフスタイルにしたいと思いますよね!



神楽坂に la kagu という

私たちの 衣・食・住を豊かにしてくれるお店 があります。

ここは1960年代に建てられた新潮社の書庫をリノベーションし

2014年10月に神楽坂の地に新たに誕生しました。

コンセプトが

「REVALUE(元々あったものの価値を再認識する)」

ということから

古い倉庫をそのまま残して使うことで

歴史を生かした空間を継承して再利用されているようです★



施設内にはファッション・生活雑貨・家具・本・アート・カフェなどが揃い

お買い物から休憩まででき、とっても充実しています♪

外の階段は巨大なベンチとして座ったり本を読んだり

パブリックスペースとして自由に使えるようです!

ちなみにla kaguの設計士、隈 健吾さんは

同じく神楽坂にある赤城神社の設計もされたそうですよ!



la kaguという名前の由来ですが、

神楽坂に住むフランス人たちが「カグラザカ」と発音しにくく

「ラカグ」と呼ぶことがあるというエピソードから採用されたのだそうです!



神楽坂にお引越しの際は魅力の詰まったla kaguを生活の一部にしてみるのもいいですね!



la kagu

所在地
162-0805 東京都新宿区矢来町67番地  東西線神楽坂駅 2番出口(矢来口)正面


電話番号 : SHOP 03-5227-6977   CAFE 03-5579-2130

営業時間 : SHOP 11:00 – 20:30  CAFE 11:00 – 20:30(L.O 20:00)

定休日 : 不定休(休業の際は事前告知)

アクセス : 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口徒歩1分  都営地下鉄 大江戸線 牛込神楽坂駅 A1 出口 徒歩 7 分

読書の秋♪神楽坂で本屋めぐりを楽しみませんか♪

秋雨

秋めいてきましたね~。

秋といえば、食欲の秋! おでんに燗酒!

行楽の秋!遠足に運動会!

そして、読書の秋!

 

今日は神楽坂の本屋さんをご紹介いたします。

それでは神楽坂下からスタート♪

1.芳進堂書店 飯田橋ラムラ店 

飯田橋駅のショッピングセンター・ラムラ2Fにあるので立ち寄り安く、

ザ・書店!な本屋さんなので話題の新刊やベストセラー、雑誌を買うのにはコチラが便利です。

本以外にもCDや、機能的な文房具や可愛い筆記具なども揃えていますよ。

営業時間:10:00~21:00 http://www.ho-shindo.jp/

2.文悠堂

神楽坂通り(早稲田通り)を上がって、神楽坂上交差点をすぎたあたりにあります。

設立は昭和24年!神楽坂の人々に愛され続けている町の本屋さんです。

嬉しいのは営業時間!深夜まで営業しているので

神楽坂にお勤めの方は残業あとに。。。

神楽坂に住んでいる方は急に本が欲しくなった時に。。。

神楽坂にお食事に来た方はその帰りにふらっと。。。立ち寄れますよ。

営業時間:月~土10:00~24:00 日13:00~24:00 http://www.bun-you.com/

3.古書クラシコ書店

中華料理 宝龍さんの路地を入って道なりに行ったところにひっそりと佇む、懐かしい本に出会える本屋さんです。

クラシコさんに行くと、本は時を経ても楽しめるものなんだなぁ~としみじみと感じます。

本の買取りもされています、捨てたくない思い出の本をクラシコさんへ託してみてはいかがでしょう。

営業時間:月~金 正午~夕方 http://www.clasicoshoten.com/

4.神楽坂モノガタリ

神楽坂駅神楽坂口の目の前にあります。

一見カフェなのですが、れっきとした本屋さんです。それもこだわりのある選書!必ず面白い本に出会えます!

珈琲を飲みながら本を試読できるのも嬉しいですね。

営業時間:火~金12:00~20:30 土日祝12:00~20:00

http://www.honnonihohi.jp/

5.かもめブックス

神楽坂駅矢来口のすぐ近く、青い看板が目印。

月毎に特集が組まれ、例えば「色」だったり「乗り物」だったり・・・と、その特集にまつわる本が集められる入口付近の平棚、わたしは大好きです。

奥の小さなギャラリーでは、原画展や展示会も行われています。

カフェ併設です、購入した本をすぐに読みたい方は珈琲片手にごゆっくりどうぞ!

営業時間:月~日(水休)11:00~21:00 http://kamomebooks.jp/

 

読書の秋、神楽坂で本屋さんめぐりを楽しんでください!

それではまた来週ヽ(^o^)丿


文化部・大橋


これぞ日本人の心意気!食卓を明るく彩るあのアイテム☆☆【神楽坂 穂の花】

IMG_7363

はじめまして。

新入社員の高橋と申します!よろしくお願いいたします。

 

風情ある街並みや歴史を感じたり学ぶことのできる施設の多い

神楽坂

 

気になるカフェ雑貨屋さんもたくさんあるので、

毎日ワクワクしながら通勤しております**

 


ニューハウス本店に所属しております私の最初のご紹介は

ニューハウス本店から徒歩10秒ほどにございます

お箸専門店 

神楽坂 穂の花

東京都新宿区神楽坂6-58-3

TEL 03-6265-0344
営業時間:11:00?20:00
定休日:水

店内にあるお箸は全てお試しいただけるので、自分の手にしっくりくる1本を選ぶことが出来ます!!!!
 
2膳のお箸と箸置きがセットになった夫婦箸はギフトに贈られる方も多いそうです。
 
 

写真の6つのひょうたんの絵柄のお箸は、ひょうたん6つで無病息災を願って使われるものだそうです。
 
健康な身体を作るのは食事といいますから、
食事に必須なお箸で健康を願うというのはなんだかとってもぴったりですね。(^^)
 

ニューハウスでおうちが決まりましたら、ぜひ穂の花さんでお箸を新調なさってみてください!!
 

おうちでのお食事がきっとたのしく、おいしくなりますよ!!
 
 
 

これからも神楽坂エリアの新発見をお届けしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします☆☆

高橋



原稿用紙発祥のお店…✍ 相馬屋源四郎商店

image1

こんにちは、新人のMです。

立冬を過ぎ、暦ではもう冬ですが、ここのところ過ごしやすい日が続いていますね♪


今回は神楽坂で1659年より続く老舗の文房具店、相馬屋源四郎商店をご紹介したいと思います♪

神楽坂で 最古参 だそうで、さらに 原稿用紙発祥 としてとても有名なのだそうです。


※以下Wikipedia引用

『明治時代、注文の聞き違いなどで余った紙を店頭に置いていたところ、来店した作家の 尾崎紅葉 から「マス目の入ったものを印刷してほしい」と頼まれた。相馬屋の原稿用紙はその後、北原白秋坪内逍遥、石川啄木、志賀直哉、夏目漱石 らにも愛用され、その意見を取り入れながら改良されたという。』


載せている画像がかの文豪に愛された原稿用紙です!罫線はセピアの他に赤や緑もあります。

原稿用紙以外に、三菱鉛筆Uniなど懐かしの文具や、今から大活躍の年賀スタンプやシールなども豊富に揃ってますよ♪


相馬屋源四郎商店✿

〒162-0825  東京都新宿区神楽坂5-5

■電車

・東京メトロ・東西線
「神楽坂駅」から徒歩3分

・JR「飯田橋駅」から徒歩5分

・都営地下鉄
大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩2分