都心マンション販売 好調都心・鈍い郊外 二極化 | 神楽坂 飯田橋 文京区 早稲田 市ヶ谷 江戸川橋周辺の不動産をお探しなら神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞにお任せ下さい。

神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞ
日記
都心マンション販売 好調都心・鈍い郊外 二極化

本日の日経新聞から。

 

2017年上期の首都圏の新築マンション販売戸数は前年度に比べて増加に転じそうだとのこと。

24年ぶりの低水準だった昨年から反転、4年ぶりの増加となるようです。

 

マンション市場をけん引しているのは家計に余裕のあるDINKS(ディンクス・共働きで子供のいない世帯)や子育てを終えたシニア層。若いファミリー層の購入意欲は弱く1LDK・2LDKの人気はあるけれど3LDK・4LDKの販売は減少しているという状態。

 

郊外物件の中心購買層のファミリー層が販売価格の上昇についていけず不動産会社は郊外の大型物件を開発しにくくなっているということです。

 

今後は都心と駅から遠く魅力の薄い郊外物件の二極化が進むかもしれません。

投稿日:2017/07/16   投稿者:-