【賃貸の事務所・店舗 消費税のおはなし】 | 神楽坂 飯田橋 文京区 早稲田 市ヶ谷 江戸川橋周辺の不動産をお探しなら神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞにお任せ下さい。

神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞ
日記
【賃貸の事務所・店舗 消費税のおはなし】

普段あまり気にしない事かもしれませんが皆さんが居住用としているアパートやマンションには消費税はかかっていないかと思います。賃貸マンションや居住用の貸家には消費税が非課税となっているからです。


でも駐車場や事務所・店舗などの事業用物件であれば賃料に消費税がかかるようになっています。

もっと言えばその大家さんが所有している物件の賃料収入が年間1000万円を超える場合には消費税が

かかる事になります。逆に1000万円を超えなければ消費税を納める必要は原則ありません。


この原則に当てはめますと事業用にしても賃料総額が年間で1000万円を超える大家さんは一握りですから

ほとんどの物件の賃料には消費税がかからない事になります。また借主さんからすれば大家さんの年間家賃収入の

額など知る由もありません。しかし実際には賃料に消費税が課税されている物件が割と多くあります。


ただこのような問題がトラブルとなりにくいのは事業用物件の年間収入が1000万円未満であったとしても大家さんが消費税を課税する事自体は違法ではないという見方があるからです。

課税をする事自体に違法性はないという事ですね。また居住用物件の借主さんは家賃に消費税を上乗せされる事はないかと思いますが大家さんは居住用物件でも消費税を別の形で納めているんです。例えば設備購入費用や原状回復費などで大家さんは消費税を支払っています。つまり賃料は非課税でも家自体には消費税がかかっている事になります。

--------------------------------------------

消費税…8%とはいえ高額物件だとそれなりの金額になってきます。

ほぼ事務所・店舗の賃貸物件賃料には消費税がついているという印象がありますが『税込み』での記載か『税別』での記載かを確認しておかないと、思いもよらぬ予算外ということになりかねませんのでご注意ください。

また駐車場に関しては当社の物件でも『税別』も『税なし』もあり、意外と金額に差が出てきます。

事前の確認は重要ですね!

こちらのブログよりご紹介でした。

不動産賃貸トラブル解決について、気になる内容が多く掲載されていたのでよかったら見てみてください。



投稿日:2017/01/29   投稿者:-