お部屋探しに役立つ!マンション・アパートの違い | 神楽坂 飯田橋 文京区 早稲田 市ヶ谷 江戸川橋周辺の不動産をお探しなら神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞにお任せ下さい。

神楽坂不動産・神楽坂賃貸 神楽坂・飯田橋エリアのことなら株式会社ニューハウスへどうぞ
日記
お部屋探しに役立つ!マンション・アパートの違い

部屋探しで気になるポイントの一つ、
アパートとマンションの違い。

物件名で「ハイツ」「コーポ」などがついているものもありますね。

マンションだから安心・アパートだから心配というような偏った知識だけでは
本当によい物件を見逃してしまったり、思わぬ家賃の増加につながることもあります。

ここで、押さえておくべきポイントをまとめてみました。

1. マンション・アパートの区分に明確な決まりはありません
いきなり拍子抜けするかもしれませんが、明確な決まりはありません。(物件名称)
国が決めている不動産のルール「宅地建物取引業法」でも、建築物のルール「建築基準法」でも規定はありません。

2. アパートとマンションの一般的な分類基準
不動産業界では一般的に建物の構造で種別しています。
アパートと分類されるもの:木造、プレハブ造、軽量鉄骨造
マンションと分類されるもの:鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(ALC)

3.建物の性能
みなさんが気にされる「音」に関することですが、
アパートタイプは隣の音、上下の音は、やはり聞こえやすい傾向です。
ただ、きちんと見ていけば良い物件に巡りあえます。

そのポイントは配置と間取りです。
一般的に人気の角部屋はもちろん、居室スペースがお隣のバスルームに隣り合っている場合、生活音は聞こえにくくなります。(隣の部屋が反転タイプの間取りetc)

マンションタイプはアパートタイプに比べると遮音性は高いです。
建築費も高いので、その分は賃料に跳ね返ってきます。

遮音性が高いマンションタイプとはいえ壁の薄さや救急車がよく通る幹線道路沿いの建物は注意が必要です。

また「気密性」もお部屋探しでは重要です。
お部屋の気密性はエアコンの効き湿気のこもりに関わってきます。

一般的にマンションタイプの方が気密性が高いと言われておりますが、換気をしないと湿気によってカビだらけなんてことも。
その点、アパートは適度な通気性があると言えます。

その他、物件の立地、ご予算など気になるポイントは不動産屋さんに相談してみましょう!
ご紹介した内容はこちらで詳細をご覧いただけます。 部屋探しに役立つ!アパートとマンションの違い


当社ニューハウスは神楽坂地域密着の会社です。
物件のこと、治安のこと、おいしいレストラン、地域のお祭りなど、
色々な観点からみなさまのお部屋探しをお手伝いを致します。
お気軽にご相談ください。



投稿日:2017/01/09   投稿者:-